本文へスキップ

コスモス会は、五井先生提唱の「世界平和の祈り」を実践しているグループです


世界人類が平和でありますように


  【五井先生のお話を聞く会の感想】



 愛と行いが第一


 いつも「五井先生のお話を聞く会」を開いて下さり、ありがとうございます。毎月のこの会をとても楽しみにしております。
 五井先生のご法話は、次々と大事な内容が出てきて、どれ一つとして疎かには出来ないことばかりですが、今回4月10日のお話の中で、「祈っていると、神様が見えた、神の声が聞こえた、光が見えたとしても、それ自体は宗教の目的から言えば大したことではありません。そんなことよりも、その人の想いが神様(救世の大光明)の中にすっぽりと入って、心が安心立命していて、何が起こってきても不安動揺しない、不平不満の心が起きないようになること。愛が満ちていて、いつも他の人の為に尽くせる優しい柔和な心の人になっていくことが大切です。そのような人を多く作りたいと思って、『消えてゆく姿で世界平和の祈り』を通して教えているのですよ」というお話がありました。
 五井先生は、私達の進んでいくべき方向をいつも分かりやすく指し示して下さっています。五井先生のご法話を繰り返し聞かせて頂きながら、一歩でもその方向に進んでいければと思います。(H・H)

 (2011年4月の拝聴会、昭和39年のご法話の感想) 




 常識的であれ


 いつも「五井先生のお話を聞く会」を開催して下さいましてありがとうございます。
 ご講話テープでは、参加者の方からの数多くの質問に対して五井先生は間髪入れずにお答えになられるのですが、個人的な悩みの相談から、世界情勢、歴史の出来事、その他ありとあらゆるジャンルの質問に対して軽快に即答していかれます。私は昭和40年当時にタイムスリップしたような気持ちになり、知らず知らずにご講話へ吸い込まれていて、気が付くとあっという間に1時間が過ぎてしまいます。
 五井先生のお声をお聴きしていると、人間のどのような繊細な心のひだまでも深く理解して下さっているのを感じ、安心してきます。私を含め世間一般の人達に対して、個人の真の幸せと世界人類の幸せを同時に実現する道≠優しく分かるように、そして実際に実行できるようにと丁寧に導いて下さっています。五井先生のテープのお声は過去の音声ではなく、今直接お会いしてお聴きしているかのように、生き生きと心に沁みてきます。
 今回のテーマの一つに、常識的であれ≠ニいうお話がありました。「世界平和の祈り」を続けると常に悠々として、常識的でありながら自然に積極的に善が為せるようになるとのお話がありました。
 五井先生は、非常識な人ではなく、人として当たり前でありながら、さらにその当たり前の常識を超えて、当たり前以上の愛や勇気を出せる精神的に立派な人、魅力ある人になれる道を教えて下さっています。
 五井先生のみ教えは、現今の一般の人々には出来ないような、山に籠って滝に打たれる等の特別な修行の道でないところが、本当にありがたいと思います。どのような方でも、老若男女問わず、「世界平和の祈り」を根本にすることで日常生活を限りなく活かし、人間最高の生き方を実践できえることは、なんと素晴らしいのでしょうと思います。
 今回も、積極的に明るい未来を築くことのできる「世界平和の祈り」の道を今歩みつつあることへの確信と、焦らずに一歩一歩を大切に進むための新鮮な勇気を頂きました。(I・H)

 (2010年8月の拝聴会、昭和40年のご法話の感想) 




 自分で考える


 「日本人には祖先を敬う精神が備わっている」というお話と、「宗教信仰者は考える力を失ってはいけない」というお話が特に心に残りました。
 ●日本人には無宗教と言う人が多いと聞きますが、実際には多くの一般の家庭でお盆や法事があり、信仰心を全く失っているわけではありません。でも薄れていっているのは否めないと思います。
 日本人に生まれて良かった。せっかく中心帰一しやすいという日本人に生まれたのだから、ますます五井先生の道に深く入っていこう!と思いました。
 ●自分で考える≠ニいう当たり前のことが、私は長い間全く出来ていませんでした。分からないからといって占いに頼ったり、何事にも曖昧で、人に付け込まれたり損をしたりして、たくさん頭を打ってきましたが、そうやって守護霊様が本来の方に戻して下さったのですから、今では良かったと思います。
 自分で考えるというのが我の想いになっていやしないか、と以前は心配ばかりして、芯のしっかりしないあやふやな傾向にありましたが、これは前生の想いの消えてゆく姿だったのがはっきりしました。常識を失わないことの大事さと、宗教信仰者として、自分の言動について周囲と調和したものであるよう、もっと責任を持つべきだと思いました。
 それから、お話の最後の方にあった「明るく人に尽くすこと!」との五井先生のお言葉を、しっかり実践していこうと決意しています。(S・Y)

 (2010年3月の拝聴会、昭和44年のご法話の感想)